突発性難聴は早めの診断早めの治療を|耳の違和感は病気のサイン

医者

めまいの専門で人気です

女性

日本の国内では耳鼻科や内科と専門とする科が存在します。これは専門となっているようにその分野に特化している機関と言えます。その耳鼻科では鼻や耳に関わる症状を専門的に見ているのです。

View Detail

助かっている人が沢山いる

お花

耳や咽喉等に異変を感じた場合に耳鼻咽喉科に行って診てもらえば治してもらうことができます。大きな病院には必ずと言って良いほどこの診療科はあり、耳鼻咽喉科を専門に扱っているクリニックも沢山あります。ですから耳や咽喉等に異変を感じたら直ぐにそこに行って診てもらうのが良いです。

View Detail

高いクオリティの物を選べ

医者

補聴器を使う方は注意点を把握しておくことが求められます。自分の生活スタイルに合わせて選ぶことが大事です。価格が安いのは魅力ですが、使えるものを選ぶべきです。また、様々な製品ができており、補聴器も確実に進歩しています。どのような商品があるか知っておくようにしてください。

View Detail

ビタミン補充

家族

早期治療を

突発性難聴は若い方から老人まで誰にでも起こる可能性があります。ほとんどの場合耳の神経が少しおかしくなっていることがあるため、神経に効果的なビタミンB12が使われます。老人の場合老化と区別しにくく思いますが、明らかに突然なのですぐにわかります。また症状がひどい場合めまいやふらつき等も起こるため、骨折のリスクが高まり高齢者には危険な疾患です。一般的に売られているビタミン剤は値段も手軽で、ビタミンB12も少し含まれています。予防という観点からもおすすめです。ビタミン剤には筋肉のコリをほぐすビタミンB6や疲労回復にいいビタミンB2など様々含まれており、ほとんどが水溶性ビタミンであるため、過剰摂取の心配がなく、使いやすいです。

老化との見分け方

突発性難聴とは若い方でも発症し、急に耳の調子がおかしくなります。左右で音の聞こえ方が異なるや、遅く聞こえるなど様々な症状があります。突発性難聴の原因は不明で、寝ながら携帯をいじっていて急になることもあります。一晩寝て同じような症状が続く場合できるだけ早く耳鼻科に受信したほうがいいです。突発性難聴の治療法としてビタミンB12の注射を打つことが多いですが、仕事等で毎日受信できない場合は錠剤のビタミンB12製剤を処方してくれます。つまり、突発性難聴を疑う症状が出た場合、すぐに受信できない時はドラックストアのビタミンB12製剤でも一時的には代用できます。しかし、突発性難聴は放置すればするほど、治療にかかる期間が長くなります。なので異変に気が付いたらすぐに医療機関を受診しましょう。